独立開業繁盛店への道 トップページ » 繁盛店事例

千串屋の店舗事例

驚異的な収益力を誇る!経営利益35%も可能!投資回収最短7ヶ月!

開業に当たってどの程度の投資が必要となるのか?オープン後にどの程度の売上があるのか?
ご参考までに千串屋グループの店舗における具体的な金額の例をご紹介します。

千串屋の各店舗における投資額および月次損益額

※あくまでも参考例とお考えください。

開業損益モデル例①

※焼き鳥屋居抜き物件活用

出店費用

不動産

保証金

50万円

仲介手数料

10万円

前家賃

10万円

内装費用

厨房

100万円

内装

300万円

その他備品

お皿

15万円

調理器具

40万円

販促物

40万円

投資合計

! 565万円

開業損益モデル例1

開業損益モデル例②

※和食居酒屋居抜き物件活用
※不足資金は金融公庫より借入

出店費用

不動産

保証金

115万円

仲介手数料

23万円

前家賃

23万円

内装費用

厨房

80万円

内装

700万円

その他備品

お皿

9万円

調理器具

15万円

販促物

55万円

投資合計

! 1020万円

開業損益モデル例2

直営店2015年10月実績分

出店費用

不動産

保証金

\1,000,000

仲介手数料

\240,000

前家賃

\250,000

内装費用

厨房

\540,000

内装

\6,300,000

その他備品

お皿

\472,500

調理器具

\187,500

販促物

\89,000

投資合計

! \9,079,000

直営店2015年10月実績分

モデル例①、②はあくまでも参考店舗の数字であり、月商600万や800万円の売り上げを出している店舗も多数あります。頑張り次第では年収2000万円オーバーのオーナー様や複数店舗を開業しているオーナー様もいらっしゃいます。

  • このページの先頭へ